THErape title chara

THErape subtitle ch yui2 THErape subtitle ch rie2 THErape subtitle ch rei2 THErape subtitle ch yuu2

THErape border middle02



 

 

image image image image image image
優衣

 

THErape subtitle vo00

 

THErape subtitle vo04

 

優衣 - 狩猟の始まり


【悠斗】(......ここは諦めて、他の学校にしようかな?)

そう思って、今の彼の家であるトラックに戻ろうかと考えていたときだった。

【悠斗】「――――ん?」

悠斗の視線が、ひとりの少女を捉えていた。
たくさんの傘たちの群れの中で、
ひときわ目立つ女の子――――。

【悠斗】(なんだ、ちゃんといるじゃないか......)

彼女を見つけた瞬間、
思わず悠斗は笑みをこぼしていた。

さらりとした髪は優しく繊細で、
その瞳はとても穏やかで澄んでいた。

細い指先が傘を握り締め、
革靴で雨を踏みしめながら歩いている。

制服を通しても分かる豊かな胸の膨らみに、
スカートから覗くまぶしいほどの白い太股。

完熟した大人ではないが、未成熟な子供でもない。

他の子たちと同じ制服姿なのに、
その少女は悠斗を引き寄せる魅力を放っていた。

優衣 - 子羊の懇願


【優衣】「あ、あの、もう帰して下さい」

【悠斗】「は?」

【優衣】「お願いですから、もう帰して下さい。このことは、
      誰にも言いませんから、ですから――――」


【悠斗】
「なに、ふざけたことを言ってるんだ?」

【優衣】「お願いです。本当に、誰にも言いませんから」

【悠斗】「うるせぇなッ!」

カッとなった瞬間、悠斗の手が反射的に動いていた。

 

 

優衣 - 子羊の懇願
 

【優衣】
「――――ッ!!!」
 
 彼の右手が少女の頬を叩き、
乾いた音がトラックの壁に反響している。
 
【優衣】「うぅッ……、い、いた……、痛い――――」
 
【悠斗】「ただパンツを見せただけで、帰すわけないだろ?」
 
【優衣】「で、でも……」
 
【悠斗】「でもじゃないッ!!」
 
 パァン!
 
【優衣】
「うぐッ――――!!」
 
 柔らかな肉を叩く音が、再び悠斗の鼓膜を揺さ振っていた。
優衣 - 子羊の懇願、そして――
 
【優衣】「はぅ、ぁ、ぁぅッ……、はうううぅぅぅ、
      ぁ、ぁぅッ、あぁ、あぅッ、ぁぁあああぁああぁあぅッ!」
 
 喉の奥底が熱くなり、
 込み上げてくるものが押さえきれないように喘いでいる。
 
【優衣】「んあぁ、はぁぁッ……、くふうぅぅッ……
      ダメ……ああぁぅ、あああぁぁああぁぁッ」
 
 ぬちゅ、ねちゅッ……、にちゃにちゃ……。
 
 清純そうだった下着が、ただ濡れただけで卑猥に変わる。
 トーンが上がっていく優衣の嬌声の中には、
 快楽や戸惑いや恥じらいなど、さまざまなものが入り乱れていく。
 その声に揺さぶられるように、見ている俺の視線にも熱が篭っていく。
 
【優衣】「はううううぅうぅッ、ぁぁあああぅッ……、あ、あ、あああぅッ!
      ひぅッ、ぁあぁああああああああぁぁあッ!」
 
 もはや俺が指示を出すまでも無く、彼女は自分の意思で、
 ローターを肉筋に押し付けて擦っていた。
優衣 - 絶望の破瓜
【優衣】「お、お願い、です......、あぅ、あ、あぅッ、
      や、やめて、やめて、下さい、あぅううううううぅッ!!」

【悠斗】「安心しろ。奥まで突っ込んで、出してやるからな」

【優衣】「だ、だめ、だめ、だめ......、あぅ、ぁ、ぁあぅッ、ぁ、
      だ、だめ、だめぇええええ......、はうううううぅ、ぁ、あぅッ......」

べちゅべちゅッ、ずりずりずりずりッ......、ずりずりずりずりずりッ。
肉根が根元まで食い込み、
肉同士の追突し合う卑猥な波紋がトラックの中で乱反射する。

【優衣】「くはッ、ああぁぁッ......んんっ!
      んひいいぃぃッ、いいぃ、ああぁぐううぅぅッ!」

【悠斗】「さぁ、フィニッシュは近いぞ。もっと良い声で鳴いて、
      俺を興奮させてみろっ」

【優衣】「そん、なッ......あひいっぃぃっ!
      ああぁぁッ、くぅぅ、んはあぁぁああぁッ!
      まだ、そんな奥にッ......ふはあぁぁッッ」 

 

 

このカテゴリをもっと見る « THE レイプ - SPEC THE レイプ - SPECIAL »